福岡県久留米市の冷凍設備工事会社

プレハブ冷蔵庫や製氷機の電気代を節約する方法

%e5%86%b7%e5%aa%92%e7%ae%a1-3-3

最近すごく質問を受けます電気代(ランニングコスト)を安くする方法に関してノウハウをシェアさせて頂きます。

プレハブ冷蔵庫の電気代を節約する方法はいくつかありますが、一番シンプルな方法としては常に室内外機のアルミフィンの部分を綺麗にしておくというのがあります。

このアルミフィンの部分は空気の吸い込み口なので汚れが溜まりやすいです。

そして何故アルミフィンの部分を綺麗にしておくのが電気代の節約になるのかといいますと、まずアルミフィンの奥に銅管が通っています。そしてその中を冷媒ガスがながれています。その冷媒ガスと空気の熱交換によって冷蔵庫は動いているわけです。

ですからアルミフィンの部分が汚れて目詰まりしていたり、アルミフィンのところにモノを置いて塞いでいたりしたら、

熱交換しない(冷蔵庫内を冷やすまでに時間がかかるもしくは冷えない)

冷凍機の圧力と電圧が上がる

コンプレッサーが無理をする(車で言うとエンジンです。)

電気をたくさん使う

電気代上がる

となるわけです。

家庭のエアコン・カーエアコン・冷蔵庫・冷凍庫・製氷機も全て原理は一緒です。

ちなみに最近洗浄しましたエアコンですが、洗浄前と洗浄後ではこんなに違います。

洗浄前

002-3

洗浄中

004-3 003-3

洗浄後

005-3

以前にエアコンが冷えないから来てくださいという依頼があり、現場に行ってみると、室外機の凝縮器部分に梱包材のダンボールが貼られたままでした。

ダンボールを剥がしてお悩み解決というようなこともありました。

以上、室内外機のアルミフィンのところは風通しを良くしておくと熱交換が効率的に行われて良いということでした。

%e5%86%b7%e5%aa%92%e7%ae%a1-6-3

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

よろしければポチっと↓ご協力お願いします。

にほんブログ村 企業ブログ 建設業へ
にほんブログ村

関連記事

過去の投稿