福岡県久留米市の冷凍設備工事会社

冷媒配管工事

2016.10.05

19

皆さんこんにちは。
今日は本業中の本業の冷媒配管工事に関してご紹介させていただきます。

まず「冷媒管ってなんなの?」というかたにご説明させていただきますと、基本的にエアコンや冷凍・冷蔵庫など物を冷やす装置全般にはフロンガスが使用されていて、冷媒管という銅管の中をフロンガスが通るわけです。

家庭用の冷蔵庫なんかは一体型なのですが、エアコンなんかは室外機がありますよね。

業務用の冷凍・冷蔵庫も室外機があってほぼエアコンの装置と原理は一緒なわけですが、室内機(ユニットクーラー)と室外機に冷媒管を接続すると中を通るフロンガスによって熱交換が行われ、室内を冷やすことができるわけです。(ちなみに中を冷やすと外には熱が発生します。エアコンの暖房運転は室内で熱が発生して、外が冷えます。)

大きなビルや工場などでは室内機と室外機に結構な距離があり、それをつながないといけないのでわれわれのような「冷媒配管工」といわれる職種が存在するわけです。
実際の作業は距離がある場合は配管ルートに墨だしをしてからアンカー打ちや支持金物の準備をします。それから冷媒管を這わせて行き溶接をします。

20 17 21 22 18

溶接がすべて完了したら窒素で冷媒配管内に圧力をかけて漏れがないかチェックします。(耐圧テストに関してはまた後日記事を書かせていただきます。)漏れがなければ断熱材(当社ではエアロフレックスを使用します。)を入れて完成です。

それでは本日もお読み頂きありがとうございます。

こちらも↓ぽちっとご協力お願い致します。
にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ
にほんブログ村

 

関連記事

過去の投稿